SE転職の悩み解消サイト

技術職で割りと収入もいいSEですが年齢、転職、激務などとともに悩みも増えてきます。ここではよくあるSEの悩み解消をするべくアドバイスをしています。

面接でのアピールは技術力だけではないSEの転職

seとして面接を受ける場合、何をアピールしていいのか悩むことも多いと思います。seであっても、まだ学校を出たばかりで実質的な現場経験がなかったり、ある程度の経験や知識を持っている場合によっても、アピールポイントは異なってきます。

もし経験的にまだ浅いseの場合でしたら、まずは自分が業界標準的な経験とスキルを持っていることを面接官に理解してもらうことからはじめます。seである以上は欠かせない技術力のアピールですが、まだプロジェクトなどを任されていない場合、説明したくてもうまく伝わらないこともあるでしょう。そこはやはり事実を伝え、これからのやる気をアピールしましょう。

ある程度の経験を持っているseでしたら、特定のシステムを使った経験と実績などがアピールポイントとなります。また対人関係などを含め、プロジェクトリーダーとしての資質を前面に出すことも大切です。

専門性も重要になります。転職を希望する会社が医療系であったり、金融系である場合など、それらの専門知識を持っていることが絶対的に有利になることが多くあります。システム開発を行うにしても、それぞれの世界の専門用語などの知識がなければ、話が通じないということになってしまいます。それではどんなにプログラミングスキルが高いseでも正しいシステムを構築することは難しくなってしまします。そのため、seとしてもプログラミングスキルよりも、専門的な知識や経験をバックグラウンドに持っている人ほど、採用されやすいといえます。
 

面接で何をアピールすればよいか?SEだから技術力をアピールすべきか?

よく勘違いをされる方が多いのですが面接の時にポートフォリオ的なものを見せる事があるか、という事を言われます。つまりこれまで作成したシステムの画面を見せたり、コードを見せたり、といった具体的な技術のアピールが可能かどうか、という話です。

しかしこれは考えなくて大丈夫です。ソースコードを見せて下さい、などと言われる面接担当者はいません。技術力に関してはトークの中で、あるいは質問の中でわかってしまう部分が多いということでしょう。なのでSEだから技術力をアピール、という事はありません。面接ではコミュニケーション力とやる気をPRしていきましょう。