SE転職の悩み解消サイト

技術職で割りと収入もいいSEですが年齢、転職、激務などとともに悩みも増えてきます。ここではよくあるSEの悩み解消をするべくアドバイスをしています。

文系SEの転職に有利なコミュニケーション能力を最大限に生かす

はっきりいってseに文系も理系もありません。むしろIT業界の半分は文系の大学を卒業した人で占められています。ただ違う点とすれば理系のseは「プログラムもできるse」の道を選ぶ人が多いということです。これはこれで、しっかりした将来像なのですが、文系seの場合は、自分で進みたい方向性をしっかり決めかねている点があります。

自分はこうしたseを目指している、あるいはseとしての特徴というものがないと、いろいろな案件に回され結局は何も身につかなかったということになりかねません。これでは転職をしようとしても「売り」がないため簡単にはいきません。入社後1年くらいの間に自分の進みたい方向を明確にしておくことが大切です。

seとして安定して稼ぎたいという人は「プログラムもできるse」を目指す傾向があり、より多く稼げるようになりたいという人は「コンサルティングや営業のできるse」を目指すのが一般的です。

理系の技術者としてのseは、とかく口下手であったりコミュニケーションが苦手だったりしますが、文系のseはその点では勝っている傾向があります。多くの企業は文系、理系を問わず募集していますから文系の強みでもあるコミュニケーション能力を転職に活かすという方法もあります。

ただ単にプログラミングできるだけでなく、顧客の希望・要望などを汲み取ることのできるコミュニケーション能力は、与えられる仕事をこなすのではなく、自ら仕事を開発できる人材として企業からも熱い視線を送られています。
 

求人の多くは技術者向け?

求人情報を探してみるとSEの募集要項ではやはり◯◯言語での開発経験者、とかOracleやSQL経験者とか、そういったワードをよく見かける事でしょう。文系SEはこれらのワードを見て気後れしてしまいそうです。

文系SEはそれなりにこれまでのキャリアを活かした求人を探せば良いだけなので、積極的に探していけばよいです。想定するに文系でも基本設計の経験やPL経験がある人が多いと思うので、求人は見つかるはずですよ。

例えば転職サイトで求人検索欄に「文系SE」と検索するだけでかなりの数が出てきます。◯◯業務アプリ開発経験者、基本設計経験者、顧客との折衝、プロジェクトリーダー候補OK、といったワードでも検索できますので、プログラミング言語が出来なくてもOKな求人も見つかります。

私自身もプログラミング経験はのべ1,2年程度。多くは仕様書作成や読み込み、契約書作成、スケジュール引き、顧客への営業のほうがメインになってきたので技術力という意味ではプログラマには叶いません。でもこれまでの業務経験の中で相手に伝える事、文書で伝えること、説得力、お得感などのスキルを得てきた経験があります。

技術者には無いキャリアを形成してきてるのは間違いなく、この点は胸を張ってアピールすべきポイントとなるでしょう。