SE転職の悩み解消サイト

技術職で割りと収入もいいSEですが年齢、転職、激務などとともに悩みも増えてきます。ここではよくあるSEの悩み解消をするべくアドバイスをしています。

SEに向いてないと感じたら転職を考えてみる

会社に入社してから、1年。右も左もわからない状態で突っ走ってきたけれど、はたして自分はseに向いているのかと悩む人もこの頃になると多くなります。向いているのか向いてないかは、自分で感じることもあれば、周囲の評価からそう感じてしまうこともあるでしょう。

seに向いているか向いていないかの判断は、自分だけでなく先輩など周囲のアドバイスを参考にして総合的に判断しましょう。たまたま担当したプロジェクトが自分のレベルより相当高かったり、あるいはseとしてやりたかった分野でなかったのかもしれません。

もし自分がseとして向いていないという結論に達したのなら、これ以上がまんしてseの世界にとどまっている必要はありません。すぐにでも違う道を探すべきでしょう。考えるべきことは5年後、10年後の自分が何をやっていたいかです。

この時点で企業研究にミスってること、自分の人生設計が甘いということを露呈してしまっているわけですので、転職の際には苦労することと思いますが。

幸いにも昨今の景況感の中で、第二新卒の求人需要は手堅いものがあります。新卒採用がうまくいかなかった各企業が、経験ではなく若さや素養を見込んで求人募集をしているからです。

若いうちならやり直しがききます。30歳を過ぎて「やっぱり自分はseに向いていなかった」という人は少ないとは思いますが、この年での転職は今までのキャリアを使ってのステップアップ転職でなければ、ほとんど求人はないと考えてもいいでしょう。

seとして情報系の教育を受けている、ITの世界のことがある程度理解できているなどという強みを生かせば、seという職業以外でも採用の幅は広がります。
 

SEに向いてなくてもなんとかなる場合もある


当サイトの管理人も元SEで向いてないな~と思いつつもだましだまし10年間も続けてしまいました。
日本の会社というのは不思議なものでその人に適性が無いとわかれば他の部署への異動をしてくれることもあります。またジョブルーチンと言われるように、色んな人が色んな部門を経験していくというのがこの国の文化としてもあるのです。(欧米では1つの職種を最後まで昇華させていくのがヨシとされている)

なので向いてなくても異動という選択肢を取ることもできます。

また、前述のように向いてなくても10年も続けてればそれなりに仕事が出来てしまって今に至ることもあるわけです。その10年後に持ってるスキルで自分がやりたいことにチャレンジするのも悪くありません。ITの技術は他の仕事でも汎用的に通用する場合がありますから、諦めないことも大切な場合もあるのです。