SE転職の悩み解消サイト

技術職で割りと収入もいいSEですが年齢、転職、激務などとともに悩みも増えてきます。ここではよくあるSEの悩み解消をするべくアドバイスをしています。

SEの激務から解放されたいと転職を考えた時

seという仕事柄、納期間近になったり、思わぬトラブルやバグが見つかって早急に対処する必要があるなど仕事が続いたり、徹夜ということもしばしばあります。しかし、そういった状況が「当たり前」になってしまっている職場では、精神的にも肉体的にも疲れてしまって、今のseの仕事を辞めて転職をしたいと考える人も少なくないはずです。

あまり無理をし過ぎてうつ病を発症することもある業種ですから、そうなる前に転職することは、自分の生活や将来、ましてや命を守るために必要なことです。しかし現実問題として、年齢にもよりますが未経験で採用してくれる会社が簡単に見つかるとは限りません。もし簡単に見つかったとしても、それはブラック企業かもしれないという不安もよぎります。

ブラック企業につかまりたくないという人は、まずseのキャリアを活用して、社内seとして異業種の会社に入るという方法が最も現実的であり、安心です。条件の良い社内seを見つけて激務から解放される道を選ぶのが賢明でしょう。そのためには、希望職種欄に最初から「社内se」という選択肢が用意されている転職サイトを探して、積極的に登録することをおすすめします。

また、フリーのseになることもひとつの選択肢です。フリーで働くとなると特別なスキルが必要だと思われがちですが、それよりも営業センスやコミュニケーション能力があれば、固定客も獲得できます。一生やらないにしても、しばらくは自由に働きたいという気持ちがあれば検討してみてもいいのではないでしょうか。
 

激務すぎて今のSEの仕事をやめて転職したい。「逃げ」なのか?


私自身も月100時間を超える残業を経験し体力的にも精神的にもダメだと思った時期があります。その時は会社を辞める事を選択したわけですが、「逃げ」なのかということを自問自答したこともあります。

条件の良い会社に転職することは逃げでもなんでもないので安心してほしいと思っています。親が後でそれを知った時は「逃げ」だ、などと言われたこともありますが、勝手なことを言わんで欲しいものです。

結局、自分の人生は自分のものなんだから自分で舵取りをしなければいけないのです。他人の目や評価を気にしていては前に進めません。気分も変えて新しい自分でチャレンジすればよいだけの話です。