SE転職の悩み解消サイト

技術職で割りと収入もいいSEですが年齢、転職、激務などとともに悩みも増えてきます。ここではよくあるSEの悩み解消をするべくアドバイスをしています。

フリーランスのSEが正社員に転職する理由とは

seにとって「フリーランスで飯が食っていける」というのは、ひとつの理想像であり、技術者としては自分の腕の最高の評価のあり方です。プロジェクトごとに契約し、仕事が終わればまた次のプロジェクトに移るというフリーランスは、マンネリもありませんし、コンスタントに契約が取れれば、収入面でも一般のseに比べると多い場合もあります。

しかし、フリーランスの最大の弱点は「安定」です。この安定を求めてフリーランスから正社員へと転職を目指す人もいます。seの仕事内容も本社という後ろ盾があるのとないのとでは大きく違ってきます。フリーランスの時のように個人を売り込むのと違って、クライアントは企業の責任者として見てくれますから、商談はまとまりやすくなります。

さらに仕事のレベルも違ってきます。フリーランスのseが最も望む仕事、それは最上流工程から参加するということです。しかし、いくら実力があるseでもフリーランスでは大きなプロジェクトに参加するにしても末端の仕事しか携わることができません。

30代くらいまでのフリーランスの仕事状況はまだいいのですが、50代ともなると第一線で活躍しているという人は激減します。さらにもし病気になった時のことを考えると厚生年金はやはり魅力的ですし、現実的な先のことを考えた時、このままフリーランスでいるか正社員に転職するか悩むところです。将来の安定を求めるなら、所属する会社にもよりますが、やはり正社員が有利になるでしょう。
 

リーマン・ショックでフリーランスが激減


記憶にあたらしいリーマン・ショックですが、システム開発の業界も冷え冷えとしたものでした。まず派遣が切られ、フリーSEも切られ、正社員も仕事が無いといっていた時代です。そのおりからフリーSEは正社員を目指した人が増えたのも事実です。時代の流れ、景気感によって人口は増減します。またアベノミクスで景気がよくなってきたのでフリーSEも増えてくるだろうと予想しています。

私の友達もフリーのSEがいますが、今の仕事が終わったら今度は契約が続くかわからない、と頭を悩ませていました。フリーのSEは営業活動が難しいので次の新しい顧客を探すのが難しいゆえの安定感の欠如があります。そうなると正社員で得られる安定をもとにのんびり仕事をする、というのも悪くないのかなとも言ってましたね。
 

フリーのSE、自分主体で生存競争を


フリーSEといってもフリー用のITサイトに登録している人もいるでしょう。営業活動やアサイン先を探すことはその会社が行ってくれるものです。これだと仕事探しを自分からしなくて良いので楽、という事はあります。勿論マージンの10%程度は取られてしまいますので、半年ぐらい契約したら契約を破棄して直接相手企業と契約してしまったほうが自分の手取りも増えるのでお勧めです。これが業界的にタブーとか、そういう話は置いておいて、フリーというのはシビアな世界なので少しでも手取り額を増やしたいものです。当然自分主体で行動すべきなので、そういった裏ワザも使ってしかるべきではないでしょうか。